被害を拡大させない為に

被害を拡大させない為に

被害を拡大させない為に シロアリは、基本的には湿度が高く薄暗い場所を好んで生息する事から床下や腐食した木材に生息する害虫であり、床下や腐食した木材に形成したコロニーから柱の沿って家屋の上へ上へと生息域を拡大して行きます。その為、シロアリ駆除は殺虫薬による床下の土壌処理や薬剤の散布だけで無く、柱の中にも殺虫薬を行き渡らせる必要があります。
新築の住宅では、加圧防蟻処理が行われている木材を使用すると共に中間検査前に防蟻処理が行われていますが、有効期間は5年なので定期的にシロアリ駆除を行う必要があるのが現状です。施工は、ドリルで穿孔した穴に薬剤を注入して蓋をするだけの簡単な施工工事ですが、住宅の建材として用いられる乾燥した木材は薬剤吸収しやすい特徴があり、シロアリは注入した薬剤部分で生息域の拡大が阻止されます。しかし、シロアリの種類によっては土や木くずなどで構成される空中蟻道で直接床根太や大引きなどに被害を及ぼす事が多くあるので、シロアリ駆除だけで無く予防も必要です。

木材を腐敗させる事実とシロアリ駆除の頻度

木材を腐敗させる事実とシロアリ駆除の頻度 シロアリは、気付かないうちに床下にコロニーを形成しているイメージがあり、九州地方や四国地方では床下だけで無く屋根まで被害を及ぼす恐怖の害虫とされ、特にイエシロアリは国際自然保護連合の世界の侵略的外来種ワースト100に指定されています。
シロアリは、湿った構造材や腐敗した木材にコロニーを形成しながら生息域を拡大して行き、一般的な木造家屋では柱の中を食い尽くし家全体に生息域を拡大すると共に家屋全体に甚大な被害を及ぼします。その為、シロアリ駆除の保証期間である5年ごとに徹底的に駆除する必要があります。現在のシロアリ駆除は、床下の土壌処理や殺虫薬の散布だけで無く、柱やコンクリートなどへの薬剤の穿孔注入などが行われています。シロアリは、実際に腐敗した構造材を好適生息環境としていますが、乾燥した構造材にもコロニーを形成すると共に自ら運んで来た水分で木材を腐敗させるので、床下だけで無く家屋全体がシロアリの被害対象である事を認識する必要があります。

新着情報

◎2018/12/21

駆除は専門業者にお任せ
の情報を更新しました。

◎2018/10/17

被害を拡大させない為に
の情報を更新しました。

◎2018/8/23

自分でシロアリ駆除
の情報を更新しました。

◎2018/5/21

人体へのシロアリの影響
の情報を更新しました。

◎2018/3/16

サイト公開しました

「シロアリ 工事 」
に関連するツイート
Twitter